あっこちゃんの日記

タイガース、ゴルフ、野菜作り、トレッキング、Nゲージレイアウト、社交ダンス、合唱など手当たりしだい日記風に書いてゆきたい。
▼ プルサからパムッカレへ「エジプト・トルコ・ギリシャ紀行(4)」
[ 旅行 ]
6:45ホテル出発。イスタンブールからフェリーでマルマラ海を横断し、一挙ブルサへ。一組の老夫婦が置いていかれる。何とか間に合ったが40名の引率は大変だ。
ブルサはオスマントルコ最初の首都で、緑のブルサと言われるだけあってさすがにきれいな街である。
まず、ウル・ジャミイへ。ウルとは大きいという意味なのだが、いわゆる大きなドームがないため建物は目立たない。1400年代はまだ大きなドームを作る技術がなかったため、とのことである。
現代では建物の外にある「清めの泉」が建物内部の中央にある。内部はアラベスク文様が壁画のように書かれているのが目につく。偶像崇拝禁止に対するせめてもの抵抗か?

ル・ジャミイを出て、横の絹製品のバザールを覗く。イスタンブールのバザールなんかより安くて面白い。
次にインシェル・ジャミイへ。このジャミイもオスマン初期のスタイルで、ドームはなく、清めの泉が中にある。内壁が青緑色のタイルで覆われていることからグリーンモスクと言われている。

グリーンモスク横のレストランで昼食にイスケンデルケバブをいただく。ケバブは本場のものなので美味しかったが、モスク横なので、アルコールは置いてないのが残念であった。レストランからの帰りブルサ名物のマロングラッセを購入。30粒ぐらい入って、17リラは安い。お味は帰ってのお楽しみ。
昼食後、一路パムッカレヘ。455kmの長距離ドライブ。オリーブ畑、小麦畑、牧草地ののどかな田園風景を楽しむ。
author : あっこちゃん(greattiger1) | 09:35 | comments(411) | trackbacks(0) |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< August 2010 >>