あっこちゃんの日記

タイガース、ゴルフ、野菜作り、トレッキング、Nゲージレイアウト、社交ダンス、合唱など手当たりしだい日記風に書いてゆきたい。
▼ カッパドキアを満喫「エジプト・トルコ・ギリシャ紀行(6)」
[ 旅行 ]
まず、トルコ絨毯屋に立ち寄る。なるほど肌触りは素晴らしいいが、高すぎて手が出ない。つきまとわれて逃げるのに苦労したが。ここは冷やかしだけで終える。
カッパドキアには多くの地下都市があるというが、その中のカイマルク地下都市を見学する。地下8層からなるというが、内部は迷路のようになっており大きさは実感できない。粉ひき臼、家畜小屋、台所など生活の香りが残っている。常に外敵からの侵入におびえて暮らしてきた民に比べると昔も今も日本はなんと平和ボケなんだろうか。

地下都市を跡にすると、車窓からはグランドキャニオンのような渓谷と奇岩群が見えてくる。最初はスリーシスターズだ。我が家の三姉妹もこのように永く仲良くやってほしいものである。

ラクダ岩の前で記念写真を撮り、パジャパーへ。これぞカッパドキアというキノコ状の奇岩群が並んでいる。

洞窟レストランでの昼食後、ウチヒサールへ。住まい跡の大きな岩山には多くの入り口や窓がみられる。迫害から逃れて移住したキリスト教徒が作った岩窟教会が集まっているというギョレメの谷を車窓から眺め、奇岩群を堪能し、アンカラへ向かう。

途中、大きさが琵琶湖の2倍、水深が2mで、死海と同じ35%という濃度の塩湖トゥーズ湖に立ち寄る。湖面がピンク色に見えるのは潮が固まりつつあるからとのことで、湖岸を散策すると塩が固まりつつあるのがよくわかる。
author : あっこちゃん(greattiger1) | 11:08 | comments(98) | trackbacks(9) |

▼ 高温障害か・・・
[ 家庭菜園 ]
丹波の黒豆の莢がつかない。丹波の黒豆を枝豆でいただくのが美味で、毎年栽培しているが、今年は変である。
例年通り6月24日に播種し、その後。生育も順調で、たくさん開花もした。いつもなら開花後すぐ小さな莢が見られるのだが、それが見られない。
インターネットで調べると交渉障害で莢がつきが悪くなることがあるとの記述を見つける。特に夜間の冷え込みが重要とのことである。
夜でも30度近い日が続いているので、さもありなん。
丹波の黒豆を栽培している方、おられましたら状況教えてください。
author : あっこちゃん(greattiger1) | 10:55 | comments(667) | trackbacks(0) |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< August 2010 >>