あっこちゃんの日記

タイガース、ゴルフ、野菜作り、トレッキング、Nゲージレイアウト、社交ダンス、合唱など手当たりしだい日記風に書いてゆきたい。
▼ エーゲ海ミニクルーズ「エジプト・トルコ・ギリシャ紀行(10)」
[ 旅行 ]
ピレウス港より250人乗りPLATYTERA号でエーゲ海ミニクルーズに出発。乗船し、くつろいでいると、見た顔の人が何人か現れる。何と同じ住宅地のご一行様だ。住宅地の中で会うことはほとんどないのに、なんとギリシャで会うとは・・・。世の中悪いことはできないものだ(今回は悪いことはしてませんので念のため)。
カモメと追いかけっこをしながら、のんびり船から見える風景を楽しむ。家内は船内の「ホリホリ」とかいうショップでお買いものに忙しい。アテネの市街は政情不安のためか、落書きが目立ち決してきれいとは言えないが、対岸に見えるギリシャの街並みは素晴らしい。

最初の寄港地ボロス島に到着し、下船する。時計台のある丘の階段を歩いて登ると見晴らしがいい。ギリシャ本土とはわずかな距離しか離れていない。

昼食後イドラ島に寄港。のんびりと海沿いカフェや土産物屋を冷やかしながら散歩する。果物は原色系で美味しそうである。

記念写真を撮った風車小屋を描いた小さな油絵があったので購入する。
最後の寄港地はエギナ島。この島は一番大きいのでバスで移動。
途中の畑ではピスタチオがたわわに実っている。丘を登りきったところにアフェアの神殿が現れる。アルカイック期の代表的神殿とのことで、見晴らしが素晴らしい。

商売っ気満々の現地日本人ガイドはピスタチオを売りつけることに熱心で、歴史的いわれなどは全く説明してくれない。いわれはよくわからないが、アビオス・ネクタリオス修道院にも立ち寄る。

帰りは船内でのギリシャの踊りのショーにも参加し、リゾート気分のさわりを味わう。
お土産に買ったピスタチオは帰ってきてから食べた。まずくはなかったが実がやせていたのはいただけなかった。現地での試食のものはもっとぷっちりしていたのに・・・

author : あっこちゃん(greattiger1) | 14:55 | comments(374) | trackbacks(0) |





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< September 2010 >>