あっこちゃんの日記

タイガース、ゴルフ、野菜作り、トレッキング、Nゲージレイアウト、社交ダンス、合唱など手当たりしだい日記風に書いてゆきたい。
▼ マジック46は点灯したものの---
[ タイガース ]
3回を終わって0−4、天下の大巨人さん相手に苦しい展開。
中継ぎの阿部、江草ががんばったお陰で、コツコツ11本の単打を重ねて、タイガースらしく逆転。
その中で一番光ったのは高橋光。中日を自由契約になり、阪神のテストを受け入団した苦労人。こういう選手が私は好きだ。
ということでマジック46は点灯したものの、マジックというのは点いたり消えたりするからマジック。
相変わらずの先発陣のふがいなさ。クライマックスのような短期決戦になると絶対的エースのいるチームが強い。我がタイガースはエースがいない。心配、心配(--;)

そこで考えたクライマックス(秘)対策。

先発を出さない。最初から救援陣で短期決戦を戦う。阿部、江草、渡辺、久保田、ウイリアムス、藤川の6人で戦う。8回はウイリアムス、9回は藤川で固定し、1〜7回を阿部、江草、渡辺、久保田の4人でまわす。4人のうち3人はシーズン中と同じように2回投げてもらう。
3点以上リードされたときは下柳、安藤、岩田、上園、杉山、ボーグルソン、アッチソンなどの先発陣で敗戦処理してもらう。逆転すれば6人の救援陣に戻す。

迷案でしょ-----。
author : あっこちゃん(greattiger1) | 20:00 | comments(1241) | - |

▼ 京都祇園祭
[ 旅行 ]
先週、年休を取って祇園祭を観てきた。学生時代に祇園祭をダシに使って宵山をチラッと見て以来、40数年ぶりの祇園祭である。
祇園祭のクライマックスはなんといっても山鉾巡行である。一般に祭りのメインイベントは夜行われるが、山鉾巡行は酷暑のまっぴるまに行われる。山車(ダシ)は山と鉾に分類される。鉾には数十名のはやし方や音頭とりが乗り込んでいるので極めて重いが、その重量は実測されたことはない。一般に経験測から十トン以上と言われていた。ところが今年初めて、それに科学の目が入り、実重量測定が行われた。最大の月鉾が11.88トンと言うことで、予想値が正しいことが証明された。
当日は朝九時前から午後二時過ぎまで32基の山と鉾が都大路を練り歩く。炎天下酷暑の京都で32基全部見るのは体力が必要であるが、何とか全部見た。
圧巻は交差点を曲がるときの「辻回し」である。鉾には操舵機能がなく、直進しか出来ない。それを無理やり力ずくで90°回転さすのである。交差点にかかるとあわただしく各鉾は準備作業にかかる。道に割竹を敷き詰め、その上に水をかける。多分滑りやすくしているのであろう。準備が終わると、音頭とりの掛け声で曳き子がいっせいに回転方向に引っ張る。大きく回転すると拍手喝さい、ぜんぜん動かないと観衆のため息。だいたい3回から6回のトライで90°回転が完了する。まさに非合理の集大成、これぞ祭りである。
山鉾は巡行が終わり、それぞれの町内に帰ると早速解体作業にかかる。翌日は何処に行っても山鉾は見られず、「後の祭り」と言うことになる。
計画年休のお陰で祇園祭を堪能することが出来た。それぞれの山鉾の美術工芸的価値は当然であるが、日本が世界に誇れる文化の一つであることを改めて実感した。
author : あっこちゃん(greattiger1) | 19:56 | comments(1038) | - |





  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>